FC2ブログ

あすま理彩「恋がしたたりおちる夜」

あすま理彩「恋がしたたりおちる夜」を読みました。

とても面白かったです。
今まで読んだあすま作品で一番好きかもしれません。 

睦は、以前恋人だった雅毅と再会し、仕事をたてにして体の関係を迫られます。
雅毅は一方的に睦に捨てられたので、恨みに思っているのだけれど、実は雅毅には知らない事実が沢山隠されていて・・という話。

過去に捨てられた腹いせで体の関係を迫るというあらすじだけ読むと、いつものあすま作品なんですが、今回は睦が年上で雅毅が年下の関係というところにすごい萌えました。
二人の関係は、雅毅が中学生の頃から始まっているけれど、年齢差は6歳。
付き合うようになったのは雅毅が高校生になり、睦が大学生から社会人というそれぞれの環境が全く違うところからなので、睦が結構大変なんだよね・・・
雅毅はとにかく好きだというアピールは強くて、頑張って背伸びをするけれど、所詮は高校生なので負担は睦のほうにかかる。
さらに雅毅の兄が、睦とのは一応友人なんだけど、建築デザインをパクるなど最低野郎なので、そういうところも絡まって睦だけが色々悩んで一人で抱えてしまうところが、とても切ないです。

歳の差ならではの悩みもわかるし、雅毅の一途な思いにも共感して、一気に読み終えることができました。

そして最後の最後になって、雅毅は真実を知るのですが、あっさり自分の地位を捨てて睦のために役立ちたいと夢をようやく叶えるために会社を移動。しかも社内でもしっかり睦をガードして周囲を牽制してます(^^)
性悪兄貴を怯えさせることができるほどの能力もちゃんと持っているところが良かったです。
それなのにやはり睦の前では甘えてしまう・・というところも好きでした。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment