FC2ブログ

「OXYGEN」by CHESSHIRE

2020年に放送予定のタイドラマ「OXYGEN the series」の原作を読みました。
2OdPOc.jpg

CHESSHIREさんが書かれた作品で、作家さん了承の元、wattpadで英訳されたものです。

trailerがすでに放送されていますが、ドラマはどうやらOxygenのカプである(So×Gui)だけでなく、シリーズとなるNITOROGEN(Phun×Kao)、あとドクター同士のカプもあるのかな?
3組目のカプは男女かもしれない・・まだよくわかりませんが、キャストを見たら結構良い感じで楽しみです。
そして以前にも書きましたがSotusを撮影した方のドラマだということで、良作になる予感・・?

ドラマな全体的に、凪いでいるというのか穏やか感じで、情熱的な感じではありません。
淡々と物語を紡いでいくという感じで、人によっては物足りなく感じることもあるだろうし、好きな人にとってはツボにはまるのではないかな‥と思いました。
特に主役のSoloは、ハスキー犬と愛情をこめて呼ばれていますが、表情がほとんど動かないのに感情を表さなければならないので難しい役柄です。Guiに関する時だけ、笑ったり嫉妬したりして、まさに愛する大型犬!Guiは常に優しくてほんわかした癒しの存在。
TharnTypeのような激しいベッドシーンがあることを比べると、このドラマは朝チュンな感じです^^
BLって本当に幅広いから好きだわー。

放送前なので、感想にネタバレが含まれるため反転します。

Guiは、大学3回生で親がおらず孤児院で育ったため、学費や生活費を稼ぐためにアルバイトをしている。
大学構内にあるカフェでアルバイトをしているが、そこにSoloが疲れた様子で訪れる。
カフェを閉店するときに訪れたSoloはコーヒーを注文するが、憔悴しきた様子にGuiはホットミルクを提供する。
そうしたらSoloはずっと不眠症が続いていたのに眠れるようになり、それからは連日訪れるようになる。

Soloの孤独な様子が気になるGuiは、少しずつ話すようになって二人は交流を温めるようになる。
Soloは大学のMoonに選ばれるが、そこで特技を発表するなど先輩たちから指導を受けますが、Soloは自分の気持ちを伝えようとしないので疲れているのに無理やりやらせるなどいじめを受けているような感じになっている。
心配になったGuiはSoloの様子をこっそり見に言ったり、ホットミルクを届けたり・・・

特技を発表するところでSoloは、Guiに向けて愛の告白のような歌を歌う。
Guiも自分の気持ちを隠すことなくSoloに向けるが、最終的なところでSoloは一歩を踏み出そうとしない。
実はSoloは、カフェに入る前からGuiのことが気になっていて何度も外から見つめていたのに・・

Soloはすごい金持ちの息子で、いつかは父親の事業の跡を継がなければならない。
さらに母親が亡くなってからいつもそばにいてくれたJayという男性をSoloは信頼しきっていましたが、それを父親が取り上げるような形でSoloをひとりぼっちにしたことから、自分に近づいてくる人はいつかそうなるという恐れを抱いている。
そんな中、父親と海外にいたJayはタイにやってきて、GuiはSoloが誤解をしていたことを知る。
JayはSoloの味方で、裏切ろうとした気持ちなど一切ないこと。Guiのお膳立てで、Jayと仲直りをしたSoloは、ますますGuiのことが大切だと認識し、二人は心の距離を近づける。

Guiは孤児院で育ったけれど、母親代わりになってくれた大切な女性がいた。
幼馴染たちからその女性の体調が良くないと聞いたGuiはあたふたして落ち着かないが、それを支えてくれたのがSoloだった。
Guiはその女性の元に向かい、本当はSoloにも一緒に来て欲しかったけれど外せない試験があって一人でいくことに。
でもスマホごしに、GuiはSoloのことを自分の大切な人だと紹介することができた。
女性は亡くなり、みんなの前で泣けないGuiはとうとう限界をこえてしまうが、そこにSoloがやってきてくれてようやく泣けるようになる。

Guiを育ててくれた女性は、生前の山奥で暮らす子供たちの教育に携わっていました。
女性が亡くなってからその意志に触れたいと考えたGuiは、Soloと一緒にそこで一時的に先生をします。
そこでGuiは自分と同じ境遇の男の子と出会い、彼を育てたいと考えるようになります。
山で過ごしていましたが、Soloの父親から命じられた人達はSoloとJayを迎えにきたこともあり、山を下りることに。

SoloはGuiと引き離されるのではないかと恐れるが、その後Solo父とGuiは顔を合わせたことで、GuiはSoloが考えているような父親ではないと気づきます。Soloと同じように感情を顔には一切出さない人ですが、自分の感情を上手に表現できないところなどSoloと全く同じなのでGuiは好感を抱きます。
Soloの父親は30代と年齢が若く、結婚をしたのはSolo母が身ごもったことがきっかけでしたが、父は仕事にばかりかまけて母と子ことは見向きもしないとSoloは思い込んでいたのです。しかし実際はちゃんと見守っていて、Guiとの関係も頭ごなしに反対をすることはありませんでした。
そして実Solo父とJayの間にも恋愛感情があり(まさかの大人BL)、JayはSolo父のそばにいるLindaという女性を見るのがつらくてそばを離れようと考えていたのでした。
(ドラマではLindaはSoloの婚約者だと名乗っていましたが、原作と違うようにアレンジされているのかな?)
Lindaは身勝手な性格でSolo父にベタベタするだけでなく、Jayに対しては辛くあたります。しかしそのことを知ったSolo父がLindaを海外に追いやり、どうやらJayと気持ちを通わせたようです。しかも二人は、Guiが育てたいと考えていた山奥の男の子を養子として育てることになりました(ちなみにこの男の子が成長してからのBL作品もあるようです)

GuiはSolo父から二人の将来をどうするのかと課題を出されていて、Guiは研修先で色んな仕事をするうちに、自分が一番大事にしたいのはSoloだと確信します。
そしてSolo父に、いつまでもSoloのそばにいるために仕事もSoloのために行うと宣言し、結果的に認められます。
つまりSolo父の右腕がJayがあるように、GuiがSoloの片腕になる、Guiはそのために大学院にまで進んで学ぶことに。
Guiが研修に行き、寂しくて駄々っ子になっていたSoloもGuiに怒られてからは成長し、立派な跡継ぎになる・・というハッピーエンドです。

GuiとSoloがとにかく仲睦まじくて、イチャイチャではないのですが、とにかく仲良くて離れられないという感じです(タイトルがOXYGENですからね)
少しGuiに怒られてシューンとしても、すぐに仲直りができるので、本当に全体的に優しい話です。

Guiと書きましたが、Soloは「Guitar」と愛情をこめて読んでいます。
Soloは小さい時に母親からギターを貸してもらい演奏をしていましたが、自分だけのguitarをいつか手に入れたいと考えていました。
それが結果的に、楽器ではなく人だったんですけどね。
そういう小さな部分でも愛情が込められた作品になっているので、優しい気持ちになることができました。


そしてOXYGENのシリーズとなるNIRTOGENという作品は、Soloの親友であるKaoが主人公ですが、このKaoがまた愛嬌のある役柄です。Oxygenの中でも色々大活躍をしてくれます。
配役はすでに決まっていますが、私はこの小説を読んでいるときはPlan君でイメージしていました。
KaoはPhunという相手と恋に落ちるのですが、その恋が結構時間をかけて紡がれるので壮大です。
最初に偶然であってから、その後偶然再会し、そして時間がたってまた偶然に出会い・・という話のようです。
Kaoは、好きな人ができたらまずはその人の財布をチェックし、中に写真が入っていなかったら恋人や好きな人がいないという法則があると母親からきかされて信じており、それを実行しています。
その法則をKaoはSoloに話すのですが、その時は馬鹿じゃねーのと言われるものの、SoloはGuiの財布をちゃっかりチェックしてるんです。めっちゃ可愛い~このエピソードが映像化されて見られるなんて本当に楽しみです。
その他にもGuiの幼馴染が3人出てくるのですが、それぞれ男性の恋人がいる小説が存在するようです。
その中で車椅子生活になったJackpaddと、花屋さんの恋が知りたいんだけどなー。ドラマ化されないかな・・もしくは英訳があればいいと思うのですが、こればっかりは何とも・・・は~タイ語ができればいいのになあと毎日思います。


明日はUntil We Meet Again1話ですね!
すごい楽しみ~Kao君の寂しくて切ない表情にすでにウルウル・・・早く用事を済ませて万全の体制で見なければ。
でもDarkBluKissも放送されるし・・本当に時間が足りないです・・・!!
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment